• ホーム
  • どうしてもニキビを繰り返してしまう!できやすい場所には原因がある

どうしてもニキビを繰り返してしまう!できやすい場所には原因がある

2020年04月06日
肌を気にする女性

洗顔やクレンジングは毎日きちんと行っているつもりなのに、何度も同じ部位にニキビが出来てしまい悩んでいるという方は少なくありません。10代の頃に出来る思春期ニキビは、皮脂分泌が過剰に行われてしまうことでTゾーンを中心にニキビが繰り返し出来てしまうという特徴がありましたが、大人になってからできるニキビは、顎やフェイスラインなどのできやすい場所に繰り返し症状が出てしまうという方は非常に多いです。

顎やフェイスラインなどできやすい場所に起こる症状は、大人ニキビと呼ばれてる肌トラブルで原因はその人によって様々だといわれています。まず挙げられるのが皮膚の代謝が落ちていて、ターンオーバーが正常に行われずに古い角質が蓄積してしまっていることが原因です。若い頃は代謝が良いので、どんどん古い角質は外に排出されていきますが、大人になって代謝が落ちると古い角質がいつまでも残り、角質層に厚みが出てくるので毛穴が古い角質で塞がれ、中に皮脂汚れが蓄積してニキビになってしまうのです。

また、Tゾーンと異なり、フェイスラインや顎は皮脂腺が少ない部位でもあるので、普段のスキンケアで洗顔料やクレンジングを利用してゴシゴシ力を入れて洗っている方などは、肌の乾燥が進行しやすく通常よりも過剰に皮脂分泌が行われやすくなります。そうなると毛穴に皮脂が詰まる原因に繋がります。そのため大人になってから出来る肌トラブルを繰り返さないためには、肌に負担をかけない洗顔と念入りな保湿を心がけるようにしましょう。

代謝が悪いからといってゴシゴシ力を入れる洗顔やクレンジングは、かえってデリケートな顔の皮膚に負担をかけてしまうので、1週間に1回を目安にピーリング石鹸や美容液をスキンケアに取り入れることで、蓄積しやすい古い角質や皮脂汚れを綺麗に除去するお手入れを行うことをおすすめします。洗顔を行う際には水分が多めの泡で優しく撫でるようにして顔を洗うだけでも、汚れは十分に落とすことは出来ます。保湿を行う際にも強くパッティングをしたり、コットンを使用するよりも手のひらに化粧水をなじませて、ハンドプレスをするように浸透させる事を心がけましょう。

ニキビ予防はスキンケアだけではなく、普段の生活習慣も大きく影響していきます。十分な睡眠時間を確保することはもちろん、肌を構成する栄養素がきちんと摂取出来るようにバランスの良い食事を心がけることが大切になります。